web

誰にでも起こりうる…サイトをリアルタイムでミラーリングされて検索上位を奪われたお話[不正コピー、ダメ。ゼッタイ]

stop_copying_me

こんにちは!みぞれ(@xxmiz0rexx)です。
たまに見かける「記事の内容を丸ごとコピーされた!」という嘆き。

「大変だなぁ…」なんて眺めていた私ですが、今回なんと記事の文章どころか、サイトが丸ごと不正コピーされる(URL以外で判別がつかない)というとんでもない被害に遭いましたので、私が行った対処法をまとめておきます。

経緯

事の始まりは10/21。

Googleの検索結果を見ていたら、わたしの運営するフリー写真素材サイト『GIRLY DROP』のタイトルの下に見知らぬURLがついてました。

不正コピーサイトが検索結果に…

「むむ…?」と思いクリックしてみると、そこにはうちのサイトがありました。

完全に全てを不正コピー

「????」

さらに、表示されている写真をクリックして詳細ページを確認してみようと思いました。

カチッ

思いっきりイケナイ大人のWEBサイトが表示されたんですがこれは( ゚д゚)ポカーン

トップページ、写真のダウンロードページ(記事詳細)各種、利用規約などの固定ページ各種。 色々見てみましたが、どうやらサイトが本当に丸ごとすべて不正コピーされた上で、 全ページのヘッダーにアフィリエイトタグを埋め込まれた挙句リンク先をすべて書き換えられて公開されているって事っぽいです!!\(^o^)/バッキャロー

問題は検索上位を奪われていること

百歩譲って、丸ごとコピーされていてもそのサイトが誰にも知られなければまだ良いんです。

ですが、なんとビックリ。 このパクリサイト、「○○○ 写真素材」で検索結果の1ページ目という検索上位にヒットしちゃうんですよ。これはひどい。ひどすぎる。。

そんなわけで、いろいろな人に助けていただきながら対処をしてみたのでした。

わたしがおこなった対処法まとめ

同じようにサイトを丸ごとコピーされる被害に遭ってしまった方の参考になれば幸いです。 かなり効果的な方法を教えて頂いたので即対処が出来ました(*´∨`*)ありがたやー!

  1. GoogleのSearch Consoleから著作権侵害の申し立て
  2. どの程度の不正コピーなのか検証
  3. JavaScriptでドメインがgirlydrop.comじゃない場合にゴニョゴニョする
  4. CSSなどの差し替え
  5. htaccessに追記
  6. 埋め込まれたアフィリエイト会社に通報

1.Googleに著作権侵害通知を提出

まずは検索結果からパクリサイトを削除してもらわねばなりません。 早速Googleの申し込みフォームから著作権侵害通知を提出してみました。

ですが、申請をして5日目の今現在も特に音沙汰はなし。 削除まで1ヶ月ほどかかるとの噂も聞いたので、ほかにも自分で何か対策をせねばですね。

参考:ブログが丸々コピーされてしまった場合の削除方法。Googleへコピーサイトの削除申請をしよう! はてなブックマーク - ブログが丸々コピーされてしまった場合の削除方法。Googleへコピーサイトの削除申請をしよう!

参考:ブログ記事が丸パクリされました! Googleに通報したよ! | ヨッセンス はてなブックマーク - ブログ記事が丸パクリされました! Googleに通報したよ! | ヨッセンス

2.どの程度の不正コピーなのか検証

どんな具合に不正コピーされているのかを知らなければ対処の仕様がないので、 ハイパーWEBデザイナーの@sou_labさんにアドバイスをいただきながら、ちょっとした検証をしてみました。

検証したこと

  • 画像が直リンクかどうか→直リンクでした
    画像が直リンクだった場合、あの有名な『無断転載パクリブログ事件のまとめ | Webクリエイターボックス はてなブックマーク - 無断転載パクリブログ事件のまとめ | Webクリエイターボックス』のようなことが出来ますよね!w
  • FTPでソースを書き換えた場合の動き→変わらない
    トップページにコメントを入れてFTPでアップロードしてみました。変わらないってことは何かのタイミングでコピーしてるんですね。ふうむ。
  • コピーするタイミング→記事を更新した瞬間でした
    どのタイミングでソースコピーしてるのかなー?と思って試しに記事を新規公開してみたんです。 そしたらなんと、リアルタイム更新\(^o^)/え、まってなにこれ怖い!つまりミラーリングってことです!!

以上がひとまずの検証でした。このくだりで分かったことは後半にて生かしますw

3.JavaScriptでドメインがgirlydrop.comじゃない場合にゴニョゴニョする

さてここで社会人のためのWebデザイナースクールを経営されている神こと @stocker_jp大先生による素晴らしいアドバイスをいただきました。

「YOU、ドメインで条件分岐して本家サイトに飛ばしちゃいなYO☆(意訳)」

そ、そ、その手があったかーーーーー!!!!!
さらに神々しいことにサンプルコードまでくださったので、ありがたく使用させていただくことにしました。よーし。これで色々できちゃうぞぉ!

4.CSSなどの差し替え

さて。これでひとまずやるべきことが分かりました。真っ先にやらなければならないのは 写真素材を求めているひとたちを目的のページまで届けること(確信)そしてウッカリそのページに行ってしまったひとにスパムリンクを踏ませないことです。

さっきの検証とJSのコードで自分ができることは分かったので、あとは実行するだけ!

  1. 差し替え用の画像を用意
  2. 新たなCSSにhtml{background:url(XXXX.jpg)}body{display:none}とでも書く。
  3. header.phpにドメインで条件分岐するJSを仕込む
  4. FTPでアップロード
  5. WordPressの更新ボタンを押す!

なつきさんにいただいたJSのコードに少し手を加え、本家サイトに飛ばすJSの他に、CSSを読みこませるコードを仕込んでみました。

テーマ内
<script>

if (location.hostname == "girlydrop.com") {
// ここに Google Analytics のコード
} else {

var doc = document;
var head = doc.getElementsByTagName("head")[0];
var meta = doc.createElement("link");
meta.setAttribute("rel","stylesheet");
meta.setAttribute("href","差し替え用CSSのURL");
head.appendChild(meta);

if (confirm("このWebページは不正コピーされた可能性があります。意図しないサイトに飛ばされる場合がありますので、このページのリンクなどは絶対にクリックせず、写真素材はGIRLY DROP本家でご覧くださいね!不正コピー、ダメ。ゼッタイ!!")==true) {
location.href = "http://girlydrop.com/";
}
}
<script>

その結果パクリサイトは…

訪れた瞬間にアラートが表示され…

不正コピー、ダメ。ゼッタイのアラート表示

アラートをキャンセルするとそのままコピーサイトに繋がるのですが(OKを押すと本家サイトに移動します)、 繋がってもそこには…

不正コピーサイトのCSSを書き換えてやりました

でで〜〜〜ん!!デビル女子による激おこメッセージが登場!!!!!!ひとまずの対応はこれで良さそうです。

5.htaccessに追記

これだけでも実害は減りそうではありますが、念のため出来ることはしなくてはなりません。 相談した同僚やPHPやサーバー関連にお強いはやしんさんの助言もあり、htaccessに以下の記述を追加し、アクセスを拒否することにしました。

.htaccess内
Order allow,deny
allow from all
deny from 相手のドメイン名

相手がプロキシを使用しているためいたちごっこになってしまうみたいですが、 気持ち的に何もせずにはいられなかったので…。

私の場合は403になったりならなかったりで駆逐までいきませんでしたが、 これで一発で表示できなくさせることも可能なようなので試してみてくださいね。詳しい説明などは参考サイトをどうぞ。

参考:サイトが一瞬で「ミラーリング」される?!その手口は驚くほど単純! | 西沢直木のIT講座 はてなブックマーク - サイトが一瞬で「ミラーリング」される?!その手口は驚くほど単純! | 西沢直木のIT講座

参考:ミケネコの htaccess リファレンス はてなブックマーク - ミケネコの htaccess リファレンス

6.埋め込まれたアフィリエイト会社に通報

これは越智さんからのアドバイスなんですが、 結局htaccessなどで拒否してもサーバーなどを変えられればまた同じ被害に遭ってしまうということで、 もっと相手に直接的なダメージを。というわけです。

不正に得た収益は差し止めにできるかもしれないのでダメもとで連絡してみました。 海外のアフィ会社だったので英語でね(`;ω;´)

何らかの対応をしてくれることを祈ります〜。

不正コピーの被害者に捧ぐ素材をリリースしました

そんなわけで、この記事のアイキャッチにもパクリサイトに読み込ませる画像にも使用した 『STOP COPYING ME!!!!』という文字入りの写真素材を配布しますw

stop_copying_me

同じような被害にあってしまったそこのあなた。ダウンロードは以下からどうぞ♡

サイトが不正コピーされた時のための文字入り素材『STOP COPYING ME』のフリー写真素材|GIRLY DROP

実は最初英語間違っててWEBクリエイターボックスのManaちゃんに直してもらっちゃった///『STOP COPY MY SITE』から『STOP COPYING ME』に変更でし(2015.10.26)

さいごに

いかがでしたでしょうか。 同じような被害に遭われた方もそうじゃない方にも、参考になれば幸いです。

今回のミラーリングはサイトが有名だから被害に遭うわけではありません。 現に私のサイトだってまだまだ認知度が低い状態でこれですからね。 無差別にだれにでも起こりうることなので、前もって対処法を頭に入れておくと良いと思います。
以上、みぞれでした。