OTHER

Illustrator備忘録:奥行きのある絵に平面の図をはめこむ方法


最近 仕事でIllustratorを使う機会が増え絶賛勉強中なのですが、 こんな便利な機能があったとは知らなかったのでメモ。 世のデザイナーさんからしたら常識なのかもしれませんが、こういう場合は『エンベロープ』という機能を使うのですね。

1

例えばこのようなモニターの絵に、 こんな感じの図をはめこみたい状況があったとします。
(どちらもIllustrator上でパスがきってある状態です)

そんな時は、オブジェクトメニューにある『エンベロープ』機能を使うとカンタンにはめこむ事ができるのです :)

①はめこみ先の四角を選択し最前面に配置する

2

ついでに平面の図をグループ化しておきましょう。

②はめこみ先の四角とはめこみたい平面の図を両方選択

3

③オブジェクトメニューからエンベロープ→最前面のオブジェクトで作成を実行

4

④おわり。

5

こんなにカンタンにはめこむ事ができましたっ!

たぶんコレ学生さんでも知ってるレベルですかね?? 私の学生時代にもあったんでしょうかw 同級生のひとコレ見てたら教えてもらいたいです~。。 今回は本当に誰のためでもなく、自分のための記事でしたw

以上、霙でした!