web

不動産サイトのWEBデザインで一番大事なことは



最近、とあることから不動産サイトを眺める機会が増え、不動産サイトとは何たるかを悶々と考えています。 おもに不動産売買、不動産投資についてのサイトをよく見てるんですが、デザインするにあたり どんな要素が必要なのか、構成にルールはあるのか、気になったので自分用にまとめてみました。

一番大事なのは「雰囲気をつくること」

高額な商品を扱う不動産サイト。 やはりそれ相応のふさわしい雰囲気を創り出す必要があると思うんです。
私が特に気を付けたいと思ったのは以下の3つ。

その1:安心感

もうこれはお客さまがいる時点で絶対条件でしょうけれど、 不動産投資のサイトって一歩間違えるととても胡散臭くなるので、扱う文章などにも気を付けたいところですね。

その2:シンプル

不動産購入をする方・投資をする方は、若者よりもある程度年齢を重ねられたお客さまの方がはるかに多いですよね。 購入物件の情報はどこから見る事ができるのか、大量の説明や宣伝文句に埋もれていたら伝わりません。
極力シンプルに、無駄を削ぎ落とすべきなのです。

その3:センス

シンプルなデザインにすると、内容がスッカスカになってしまいがちですが そこでセンスのあるイラスト、写真、タイポグラフィーなどを大きく配置することで オシャレで、分かりやすく、安心感のある不動産サイトになるんじゃないかな。という結論に至りました。

参考にしたいWEBデザイン

クリックで拡大します。素敵なデザインばかりなので ぜひ実寸大でご覧ください!!

1:blue studio

文字量が少なく、色味もモノクロ×水色というとてもシンプルなデザインのサイトですが、だからこそ大きく配置されたスライドが目を惹きます。 スライドに使用されている色やフォントにもセンスを感じますね:)

参考:ブルースタジオ:blue studio はてなブックマーク - ブルースタジオ:blue studio

2:株式会社ウィル

1のblue studioさんと比べると情報量は多めですが、サムネイルやスライドを使って見やすくデザインされています。 高台から町並みを見下ろしたような不動産サイトにありがちな写真に手書きのハートマークを加えることで他とは違う親しみやすさが出ていますね!

参考: 株式会社ウィル|阪神間-北摂の住まい はてなブックマーク - 株式会社ウィル|阪神間-北摂の住まい

3:アパマンショップ不動産販売

シブイ配色×シブイ明朝体で年配の方好みなデザイン。 ボタンが非常に大きく目立っているため、インターネットをあまりしない方にも分かりやすいと思います。

参考: アパマンショップ不動産販売 はてなブックマーク - アパマンショップ不動産販売

4:インベスターズ

サイトのロゴや文章などは白と灰色を基調とした配色で色見を抑え、メインコンテンツであるスライドを引き立てていますね。 使用されている写真が素晴らしくて つい目を奪われてしまいます。個人的に一番グッときたデザインですが商売っ気はあまりないかなw

参考:インベスターズ[福岡・名古屋のアパート経営/不動産投資] はてなブックマーク - インベスターズ[福岡・名古屋のアパート経営/不動産投資]

5:SBIプランナーズ

こちらは一番カッチリ作りこまれているなーという印象でした。 サイトロゴ、サイトのキャッチコピー、資料請求バナーなどなど、参考になるところばかりの業界王道デザインな気がします。

参考:不動産投資・アパート経営(福岡・名古屋)【SBIプランナーズ】 はてなブックマーク - 不動産投資・アパート経営(福岡・名古屋)【SBIプランナーズ】

オマケ

ここまで不動産販売サイトのデザインを掲載しましたが、大阪の不動産賃貸サイトのデザインが素晴らしすぎたので1つだけ掲載させて頂きます。

karilun

よく見る賃貸サイトとは一線を画しています>< 特集が多く、まるでWEBマガジンサイトのような構成!目からのウロコがとどまるところを知りませんっ!!

参考:大阪・兵庫の賃貸サイトkarilun【アパマンショップ】|賃貸マンション紹介 はてなブックマーク - 大阪・兵庫の賃貸サイトkarilun【アパマンショップ】|賃貸マンション紹介

さいごに

すんごいちなみになんですが、 この記事のタイトル画像は私が以前「女の子のための物件情報サイト♪」的なものをサンプルで制作した時の一部分です。 他にはないキュートな色使いでお気に入りなんですが、企画の趣旨が変わったためボツになりましたw

最近、少しながらwebのお仕事をいただけるようになって、 企業サイトを制作するのには色々と考えねばならないことがあるのだなぁとしみじみ思うようになりました。 まだまだ知らないことが多いので、学びながら頑張っていこうと思います。
以上、霙でした!